インストラクター

野田隆夫

東京医科歯科大学歯学部卒業、歯学博士。歯科を通して全身を考える医療を研鑽するため、日本頭痛学会、日本口腔科学会などの医科学会に所属しています。もちろん、日本矯正歯科学会や東京矯正歯科学会などの歯科学会にも所属しています。

矯正治療で何が治せるのか、常に考えています。たとえば、上顎犬歯が埋伏し、崩出方向異常があると上顎前歯の歯根が吸収されることがあります。このような埋伏犬歯の矯正治療の目的は、前歯歯根吸収の予防です。また半埋伏下顎第二大臼歯はアップライトを行います。放置すると齲蝕や歯周病に成るためです。さらに、臼歯の喪失は燕下障害を発生しやすくなります。つまり、第二大臼歯のアップライトは燕下障害の予防なのです。

今村一信

 

タイポドントは何が有効か。常にアイデアを絞っています。